[ニュースサマリー]「バレンタインさつま揚げ」/ペットを簡単に乾かせる家庭用ドライルーム/毒エサ型のスズメバチの巣駆除剤/「KYOCERA」ブランドのプロ向け電動工具/養老乃瀧がロボット運用の実験居酒屋開店/明星食品がカップ麺に食塩摂取量コントロール容器

創業約120年のさつま揚げ・かまぼこ専門店の魚万商店(奈良市)は、バレンタインデー(2月14日)のプレゼント用に、チョコレートに似せた「バレンタインさつま揚げ」=写真上=の販売を1月10日に始めた、と発表した、インターネット通販限定。さまざまな具材を使った一口サイズのさつま揚げをチョコの詰め合わせのようにした。
↑ニュースリリース

ペット用品を手掛けるオーエフティー(兵庫県川西市)は、ぬれたペットを中に入れるだけで乾かせる家庭用のドライルーム「Pawbo Fluffy(パウボフラッフィー)」=写真下=を発売した、と発表した。ドライヤーが不要になる。静音性の高いモーターを採用。ペットと飼い主が目線を合わせられる大きな窓がある。通気性にも配慮した。
↑ニュースリリース

アース製薬は、スズメバチの巣駆除剤「スズメバチの巣撃滅 駆除エサタイプ4個入」を1月20日に発売する、と発表した。巣に近づくことなく安全に巣ごと退治できるスズメバチの巣駆除剤。日本で初という。設置するだけですむ。エサを食べに来たスズメバチが巣に持ち帰って仲間に分けると、巣が壊滅する仕組みとなる。
↑ニュースリリース

京セラの子会社で電動工具開発・製造・販売の京セラインダストリアルツールズは「KYOCERA」ブランドのプロ向け電動工具シリーズの展開を始める、と発表した。KYOCERAのブランドで販売力を強化する。同社は2018年1月にリョービの電動工具事業を承継して設立した。これまで「RYOBI」のブランドで製品を展開してきた。
↑ニュースリリース

居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧(東京都豊島区)は、居酒屋でのロボット運用の実証実験を始める、と発表した。ロボットがカウンターで働く店舗「ゼロ軒めロボ酒場」を東京・池袋のJR池袋駅南口に1月23日に開店する。3月19日までとなる。ロボティクスサービス事業のQBIT Robotics(東京都千代田区)とともに実験する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

即席麺の明星食品は、自社が展開するカップ麺に、食塩摂取量をコントロールするための容器「しおケアカップ」を2月から順次導入する、と発表した。容器の内側の下部に線を入れ、カップ麺を食べる際にその線でスープを残すことで、摂取する食塩相当量が調整できるようにした。消費者の健康意識の高まりに対応した。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る