[ニュースセレクト]養老乃瀧が居酒屋でのロボット運用の実証実験、池袋に店舗を開店

居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧(東京都豊島区)は、居酒屋でのロボット運用の実証実験を始める、と発表した。ロボットがカウンターで働く店舗「ゼロ軒めロボ酒場」=写真(イメージ)=を東京・池袋のJR池袋駅南口に1月23日に開店する。3月19日までとなる。ロボティクスサービス事業のQBIT Robotics(東京都千代田区)とともに実験する。

養老乃瀧をはじめ、外食業界で深刻化している人手不足の解消と、人とロボットが協働できる現場のオペレーション開発を目的にする。ロボットによる接客で飲食物に加え、笑顔の集う場所としての価値が提供できるという。ゼロ軒めロボ酒場ではロボットが注文を受け、ビールやサワーなどのドリンク(500円)を作って出す。

この店舗で人手が必要なのは開店・閉店作業と食材補充だけで、1日0.1~0.3人で営業する。ロボットは客の性別、年齢、表情などを識別するカメラと連携し、AI(人工知能)で客に話し掛けたりモーションを行ったりするように設計。客のリアクションも分かる。実証実験を通してロボット活用の有用性・有効性を検証する。

養老乃瀧

QBIT Robotics

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る