[ニュースセレクト]明星食品がカップ麺に食塩摂取量がコントロールできる容器を導入

即席麺の明星食品は、自社が展開するカップ麺に、食塩摂取量をコントロールするための容器「しおケアカップ」=写真上=を2月から順次導入する、と発表した。容器の内側の下部に線を入れ、カップ麺を食べる際にその線でスープを残すことで、摂取する食塩相当量が調整できるようにした。消費者の健康意識の高まりに対応した。

即席麺で減塩を求める声が増えているため、おいしく賢く食塩摂取量をコントロールできるしおケアカップを通して健康への取り組みを後押しする。カップの内側下線でスープを残した場合に摂取する食塩相当量の目安をカップの外側にグラム数で示している。摂取する食塩量が分かり、塩分の取り過ぎを簡単に防止できる。

2月にリニューアルする「チャルメラどんぶり」の「宮崎辛麺」「にんにくラーメン しょうゆとんこつ味」「コーンとんこつラーメン」=写真下=からしおケアカップの使用を始める。「評判屋重ねだし」の「わかめ醤油ラーメン」「わんたん塩ラーメン」「野菜白湯たんめん」「かきたまうどん」なども2月製造品から切り替える。

明星食品

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る