[ニュースセレクト]セブン‐イレブンが「エコバッグになるハンカチ」2種を開発・発売

セブン‐イレブン・ジャパンは、普段はハンカチ、買い物の時にはエコバッグとして利用できる「エコバッグになるハンカチ」2種類を開発した、と発表した。東京都内のセブン‐イレブン店舗(2019年12月現在2768店)限定で1月21日に発売する。販売地域は順次拡大していく。スリムタイプとなり、衣類のポケットにも収まる。

環境意識の高まりから繰り返し使用するエコバッグが注目されていることを受けた。エコバッグをかばんに入れて持ち歩く女性が増えている一方、男性は外出時に荷物を最小限にする傾向が強く、携行しない人が多い。男性でもハンカチやハンドタオルをポケットに入れている点に着目し、エコバッグになるハンカチを開発した。

「手さげネイビー」と「巾着グレー」=写真左から=を展開する。手さげネイビーは、生地にスリットを入れた形状の持ち手にすることで、ハンカチに近くポケットに入れやすくした。サイズは縦横36cm、24cm。耐荷重1kgで500円(税別)。巾着グレーはハンカチの端の内側に持ち手のテープを付けた。縦横45cm、35cm、耐荷重約4kg。580円(同)。

セブン‐イレブン・ジャパン

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る