[ニュースセレクト]テレワーク用にクラウド型内線電話システムの「即導入パック」販売

システムソリューション事業のアイティオール(東京都港区)は、同社のクラウド型の内線電話システム「ナイセンクラウド」のスターターパック「テレワーク即導入パック」の販売を3月4日に始めた、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが増えていることに対応。工事の必要がなく最短3日で導入する。

テレワークは、情報通信機器を活用して時間や場所の制約なく働く形態で、感染予防の観点から出社しないで自宅などで仕事をするケースが急増している。ナイセンクラウドは、会社の電話番号にかかってきた電話を最大5台の数台のスマートフォンに転送し、内線化する。同パックは初期費用500円、月額料金は1万380円となる。

この料金は3月末までの期間限定。「050」で始まる電話番号1つと内線5端末までの利用料で、留守番電話、時間別・対象別振り分けも含む。内線間の取り次ぎや内線間の通話は無料。通話にはインターネット回線を使用する。発信番号は「050」からとなるが、同パックではなく通常プランだと、会社と同じ電話番号が使用できる。

アイティオール

テレワーク即導入パック

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る