[ニュースセレクト]雨天時にバックパックをぬらさない傘「スウィングバックパック」

アウトドアスポーツ用品輸入販売のエイアンドエフ(東京都新宿区)は、雨天時にバックパックをぬらさないためのアイデア傘「スウィングバックパック」=写真上(使用例)=を発売した、と発表した。開くと一部が伸び、背中部分をぬれないようにカバーする仕組み。ドイツの老舗傘メーカーのブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」の製品。

雨天時に傘を差していても背中に背負ったバックパックがぬれてしまう問題を解決する画期的な傘だという。荷物を体の前に持ってぬれないようにしたり、傘を後ろの方に持ったりする必要がなくなり、バックパックがぬれるのを気にすることなく雨の中で行動できる。傘を閉じれば通常の長さに戻ってすっきり収納できる。

握りやすい立体成型のグリップを採用。肩に掛けられる収納ケースも付く。スウィングバックパックの長さは76cmで、広げると直径100cmになり、一部は10cm伸びて直径110cmに広がる=写真下。重さは350g。シルバーメタリック、リフレクトブラック、ブラック、ネイビー、レッドの5色を販売。色によって8800円と7800円(税別)。

エイアンドエフ

スウィングバックパック

関連記事

[今週の1枚]外堀通りの桜並木=東京都千代田区

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]ロッテが血圧の高い人向けのガム発売、血圧を下げる機能の成分配合

  2. [ニュースセレクト]テレワーク向けカートデスク発売、使用しない時はコンパクトに収納

過去の記事

ページ上部へ戻る