[ニュースサマリー]寝具メーカーが寝具素材利用のマスク発売/プレハブ工法ハウスが山梨の医療施設に導入/衣類のダメージも防ぐ柔軟剤「レノアリセット」/家のデッドスペースを仕事空間にできるデスク

「眠り製作所」ブランドで寝装寝具リビング商品を製造・販売するプレジール(群馬県高崎市)は、寝具の素材を使ったマスク=写真上=の製造を始めた、と発表した。ECサイトで4月13日に発売する。抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術を採用した3層構造で、洗って繰り返し使用できる。L、Mの2サイズを用意。3枚セットで3300円(税込み)。
↑ニュースリリース

自動車用品企画販売のTCL(名古屋市名東区)は、同社が展開している自ら組み立てられるプレハブ工法ハウス「EZDOME HOUSE(イージードームハウス)」が、山梨県甲州市の医療施設に導入された、と発表した。新型コロナウイルスの院内感染予防のため、発熱患者をハウスに隔離して診察する=写真下。東京の病院にも近く設置される。
↑ニュースリリース

家庭・パーソナルケア用品を手掛けるP&Gジャパンは、衣料用柔軟剤ブランド「レノア」で、消臭・香りに加えて衣類のダメージ防止効果がある新しい柔軟剤「レノアリセット」を4月下旬に発売する、と発表した。ヨレや毛玉を抑えて衣類を長持ちさせられるダメージケアが可能。これまでにない“第3の柔軟剤”という。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

通信販売のディノス・セシールは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務の増加を受け、家のデッドスペースが専用の仕事空間になるデスクを発売した、と発表した。隙間にぴったりとフィットするサイズが注文可能で、仕事に集中する場が家の中に確保できる。ECサイト「ディノスオンラインショップ」で販売する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る