[ニュースセレクト]つり革や手すりに直接触れないグッズ発売、高グリップ性能ゴム採用

シューズをはじめとするゴム製品メーカーの日進ゴム(岡山市北区)は、つり革や手すり、丸いドアノブ、タッチパネルなどが直接触れることなく使用できるタッチレスグッズ「HyperVノータッチフック」=写真=を7月6日に発売した、と発表した。同社が特許を持つグリップ性能が高いゴム「HyperV」を採用した。同社サイトで販売する。

新型コロナウイルスへの接触感染を防ぐためのアイテムとして展開する。HyperVは世界最高レベルの防滑力を持ち、同社はこのソールを搭載したスニーカーや安全靴を製造している。HyperVノータッチフックは、揺れる電車内の手すりなどもHyperVでしっかりグリップし、丸いドアノブにも対応。トイレの水洗レバーでも使える。

タッチパネルに関しては、同社の通電性ゴムをタッチ部に利用することで操作を可能にした。スマートフォンは使用できない。指を入れる持ち手部分はクッション性のあるゴムを利用した。重さ65g。2900円(税・送料込み)。売り上げの一部と購入者のSNSへの投稿数に応じた額をNGO(非政府組織)「国境なき医師団」に寄付する。

日進ゴム

商品紹介・販売ページ

[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る