[ニュースセレクト]施設・交通機関向けにソーシャルディスタンシングシミュレーション

コンピュータ・ネットワークシステムを手掛ける伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、商業・公共施設、交通機関向けにソーシャルディスタンシング(社会的距離)のシミュレーションサービスを7月8日に始めた、と発表した。待ち行列の発生や集団密度の上昇を予測して課題を特定。対策の効果を評価して施設運営を支える。(写真はシミュレーションのイメージ。左は感染拡大前、右は感染対策中)

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ショッピングセンター、遊園地、銀行、役所、空港、駅などではソーシャルディスタンシングに対応した運用を始めているが、列が長くなったり待機スペースが不足したりするなどの課題があることから、サービスを展開する。従来との差を定量的に評価して対策の実行を支援する。

デジタルシミュレーションの60年以上の実績を基にする。人の流れやスペースの利用などに関し、円滑な運用を妨げる要因を明確にすることで、解消策の検討を支援する。データを継続的に収集して変化する混雑の状況を可視化。ソーシャルディスタンシングの評価、改善を含めて密集を避けた施設運用を総合的にサポートする。

伊藤忠テクノソリューションズ

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る