[ニュースセレクト]「モスバーガー」で“withコロナ時代”に対応したリモートレジ実験

「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは、新型コロナウイルスと共存する“withコロナ時代”に対応したリモートレジの実証実験を実施する、と発表した。「ゆっくりレジ」と呼び、店舗スタッフがその場にいなくても注文応対を実現する=写真。モスバーガー大崎店(東京都品川区)で7月27日から8月下旬までの平日に行う。

コミュニケーション技術開発を手掛けるオリィ研究所(東京都港区)の“分身”ロボット「OriHime(オリヒメ)」を使用する。高さ約23cm、幅約17cmのロボットで、身体障害などで外出が困難な人の分身としてコミュニケーションを可能にする。今回の実験では男女1人ずつがOriHimeを介して客と対応する「パイロット」を務める。

OriHimeは平日の午後2~6時に1台設置する。利用客がOriHimeでパイロットと会話しながら注文し、有人のレジで決済する仕組み。今後、注文から決済までOriHimeで可能になるように機能を拡張する。モスフードサービスはこの実験成果を基に、ドライブスルー注文への応用や、自走式ロボットによる配膳業務などを検討する。

モスフードサービス

オリィ研究所

★[分野別]新型コロナウイルス記事一覧★

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る