[ニュースセレクト]農場が独自ブランド牛肉を使った1食1080円の高額レトルトカレー販売開始

栃木県足利市で牛を肥育する長谷川農場は、独自ブランド牛肉「足利マール牛」を使った1食1080円の高額レトルトカレー「足利マール牛ゴロゴロカレー」の販売を自社のウェブサイトなどで始めた、と発表した。足利マール牛は、赤身肉に旨味が詰まった牛肉といい、今回、加工品の第1弾で高級カレーを企画した。

足利マール牛は、同市内にあるワイン農場のワインブドウを絞った後の果皮や種(マール)を発酵させたエサを使用する。エサにはポリフェノールが多く含まれ、発色が鮮やかな肉ができることが特長となる。長谷川農場は6年前に足利マール牛を立ち上げ、肉牛の全国品評会「枝肉共励会」で2年連続で優勝している。

足利マール牛ゴロゴロカレーはやや辛口で、贈答用やパーティーの締め、グルメなカレー好き向けに開発した。パッケージには「この牛肉に自信あり」と記した。端材ではなくカタ、ウデ、バラなど旨みがしっかり感じられる牛肉を大量に入れた。オリジナルブレンドのスパイスの本格的なルウを使った。容量は210g。

長谷川農場販売サイト

https://hnoujou.thebase.in/

関連記事

[今週の1枚]御徒町から望む東京スカイツリー

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]糖質77.9%カットの代替米「TRICE」で新製品、外食産業に売り込み

  2. [ニュースセレクト]糖質制限ECサイトが「大豆米」の山かけ丼や冷麺など夏のメニュー発売

過去の記事

ページ上部へ戻る