[ニュースセレクト]5分で大きくなってすぐ使える「DCMブランド水で膨らむ土のう袋」発売

ホームセンター大手のDCMホールディングスは、水に浸すと5分ほどで大きくなり、すぐに使用可能な土のう袋「DCMブランド水で膨らむ土のう袋」=写真=を全国の「DCMカーマ」「DCMダイキ」「DCMホーマック」「DCMサンワ」「DCMくろがねや」「ケーヨーデイツー」の店舗で7月5日に発売する、と発表した。取っ手があって使いやすい。

台風・豪雨シーズンを前に展開する。ゲリラ豪雨や地震などの災害が多発し、復旧のため土のう袋の需要が高まっている一方、土や砂を詰めるのに手間がかかるうえ、土や砂が身近にないといった問題もあった。新製品は土や砂がなくても水に3~5分浸すだけで約15㎏まで膨らむ。取っ手があるため持ち運びや積み上げも容易。

使用時の大きさは幅30cm、高さ20cm、奥行き20cm。使う前は2.5cmの薄さで、コンパクトに収納できる。土のう袋として利用した後は、天日干しで14日ほど乾燥させると、使用前のサイズに戻る。素材はポリプロピレン、吸水ポリマー。一般ごみとして処分が可能。3枚入り1480円(税別)。養生シートとの併用で効果が高まる。

DCMホールディングス

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る