[ニュースサマリー]簿記検定料もキャッシュレス/マックハウスがアウトドアコーナー新設/成田空港が国内空港最大級のLEDビジョン導入/冷凍食品人気トップは「餃子」/ラグビー日本代表の公式試合用ジャージー/空き家見回りサービス

大阪府豊中市の豊中商工会議所は、日商簿記検定試験(11月17日)の豊中会場実施分の窓口受付(10月23~28日)に、QRコードによるキャッシュレス決済を導入する=写真、と発表した。検定料が「LINEPay」「PayPay」などで払える。全国515商工会議所で初の試みという。「キャッシュレス・消費者還元事事業」の5%還元も受けられる。
↑ニュースリリース

カジュアル衣料チェーンのマックハウスは、郊外大型店を中心とした5店舗にアウトドア・アスレジャー(アスレチック+レジャーの造語)コーナーを新設した、と発表した。ライフスタイルにアウトドアを取り入れる層が増えていることを受けた。キャンプに適したファッションに加えドームテント、折りたたみチェアも展開。
↑ニュースリリース

成田国際空港は、第1ターミナル国際線出発ロビー・到着ロビーと第2ターミナル国際線出発ロビーに大型のLEDビジョンを設置する、と発表した。国内の空港で最大級の約330インチのビジョン7台(9面)を含む14台(23面)を導入。通常時は日本観光の魅力を伝える映像を流し、非常時はさまざまな言語で必要な情報を提供する。
↑ニュースリリース

マルハニチロは、「冷凍食品に関する調査2019」(9月18、19日、月1回以上の利用者1000人)の結果を発表した。よく購入する冷凍食品は「餃子」がトップ。「からあげ」「ハンバーグ」と続く。昔よりおいしくなったと思うのは「餃子」「からあげ」「チャーハン」の順。購入時に気にかけることの1位は「価格の安さ」。
↑ニュースリリース

ラグビーウエアを手掛けるカンタベリーオブニュージーランドジャパン(東京都新宿区)は、ラグビー日本代表の公式試合用ジャージー「RWC 2019 JAPANオーセンティックジャージ」の予約販売を10月21日から行う、と発表した。11月2日まで同社のウェブサイトで受け付ける。数量限定で、申込者が多い場合は抽選となる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

データ・リスト販売・調査代行のナビット(東京都千代田区)は、空き家のオーナー向けサービス「空き家見廻り隊」を10月18日に始めた、と発表した。オーナーに代わって遠方に所有する空き家を見回り、異常がないかチェックして写真撮影して報告する。オプションで簡単な掃除や草取りも行い、空き家の維持を支援する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

[今週の1枚]東京・九段下交差点、奥に靖国神社の鳥居

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]個人が銀行から低い金利で融資が受けられるウェブサービスを開始

  2. [ニュースセレクト]ツインバードが糖質を抑えられるブランパンメーカーの新製品を発売

過去の記事

ページ上部へ戻る