[ニュースサマリー]2ウエイのLEDライト付きルーペ/雪道対応シューズの最新コレクション/シニア層にもキャッシュレス決済拡大/女性の半数は外出時にマイボトル持参/花粉対策の「花粉ガードパーカ」/動物園併設のグランピング施設

光学機器メーカーのビクセン(埼玉県所沢市)は、手持ちと置き型の両方で使用できるLEDライト付き「ルミナールルーペ2Way」=写真=を2月7日に発売する、と発表した。倍率は約2.5。調光機能がある充電式LEDライトを内蔵する。マグネット着脱式台座が付属し、これに取り付けると置き型ルーペになる。希望小売価格は6000円(税別)。
↑ニュースリリース

靴製造・販売のリーガルコーポレーションは、雪道対応シューズと、独自開発の専用ソール「コロバンショ」の2019-2020コレクションを発売する、と発表した。コロバンショは耐滑性が高く、低温に伴う硬化がない素材と雪離れがいいパターンが特長。シューズはスーツに合わせても違和感なく、都会の急な雪でも安心できる。
↑ニュースリリース

温泉宿泊予約サービス・温泉メディア事業のゆこゆこホールディングス(東京都中央区)は、旅行でのキャッシュレス決済に関する意識調査(12月3~13日、対象5132人)の結果を発表した。60歳代以上の94.6%がキャッシュレス決済手段を持ち、うち77.2%は宿泊施設の決済に利用。シニア層にもキャッシュレスが広がっている。
↑ニュースリリース

日用品流通の情報基盤事業を行うプラネット(東京都港区)は、マイボトルに関する意識調査(12月25~27日、回答4000人)の結果を発表した。外出時にマイボトルで飲み物を持って行く層は男性35.6%、女性48.7%だった。理由は、どこでも好きな時に飲める、PETボトルや缶飲料より経済的、好きな飲み物を持参できるなど。
↑ニュースリリース

フジサンケイグループで通信販売のディノス・セシールは、花粉が付きにくく落ちやすいアウター「花粉ガードパーカ」を2月1日に発売する、と発表した。女性向けファッションブランド「C:Smile(シースマイル)」やネット通販で扱う。同様の機能を持つ小さく畳める「ストレッチポケッタブルロングコート」も販売する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

放し飼いにされた動物と直接触れ合える動物園「サユリワールド」(千葉県市原市)は、グランピングができる新たな併設施設「THE BAMBOO FOREST」を今春開設する。この施設を運営するために設立した新会社、バンブーフォレスト(同市)が発表した。グランピングに加え、動物の飼育体験やキリンとの朝食なども楽しめる。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]寝具の西川が接触冷感機能を持つ夏用「西川 洗えるクールマスク」

  2. [ニュースセレクト]関西ペイントがウイルス感染対策向けの「接触感染対策シート」発売

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る