[ニュースサマリー]ごみ箱やトイレの内部を殺菌・除菌する「オートUV殺菌ライト」/リモートワークの方が仕事の効率がいい/アイリスオーヤマがAIカメラ事業に参入/飛沫感染防止対策で対面接客窓口用の透明パネル発売

スマートフォンアクセサリー事業のアイキューラボ(名古屋市中区)は、ごみ箱やトイレのふたの内側に取り付ける機器「オートUV殺菌ライト」=写真=の販売を4月13日に始めた、と発表した。ふたが閉まっている時に、UV(紫外線)ライトで内部を殺菌・除菌。ふたの角度で自動的にオン・オフする。バッテリー式。4378円(税込み)。
↑ニュースリリース

インターネットメディア事業のGV(東京都港区)は、同社が運営するお金の情報サイト「まねーぶ」が全国の在宅勤務者(リモートワーカー)500人に行った調査結果を発表した。仕事の効率がいいのはオフィスワーク35.8%に対し、リモートワーク64.2%。満足度は83.6%で、理由の1位は「通勤時間がなく無駄な時間が減る」。
↑ニュースリリース

生活用品企画・製造・販売のアイリスオーヤマ(仙台市青葉区)は、AI(人工知能)カメラ事業に新規参入する、と発表した。ネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載したモデルを含む38機種のシリーズを4月20日に発売する。少ない人員で防犯やマーケティング分析が可能になる。ニーズに応じたソリューションを提案する。
★詳細記事と写真はこちら
↑ニュースリリース

広告代理事業・各種サイン事業の表示灯(東京都港区)は、顧客と対面で接客する広告代理事業・各種サイン事業の表示灯(東京都港区)は、顧客と対面で接客する受付カウンターや窓口などに設置する透明パネル「飛沫(まつ)感染防止対策 安心ガード」を発売した、と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染防止対策として展開。置くだけで設置でき、差し込むことで容易に組み立てられる。
★詳細記事と写真はこちら
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  2. [ニュースセレクト]マスクの使用期間を延ばし夏の課題解決にもつながるマスクインナー

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る