[ニュースサマリー]河合楽器グループが合唱・歌唱のための「コーラスマスク」/デスク付き半個室空間「個人用ワークブース」販売/コクヨがノート感覚で使用できるルーズリーフ/飛まつを通すことなく呼吸が可能「透明マスク」

河合楽器は、グループで出版事業の全音楽譜出版・カワイ出版が合唱・歌唱のためのマスク「コーラスマスク」=写真上=を開発し、11月26日に発売する、と発表した。顔の下半分を覆って飛まつ飛散を抑え、口の回りの空間を確保。息苦しさや湿気による不快感を軽減する。発声も自然にできるという。予定販売価格は1300円(税別)。
↑ニュースリリース

オフィス空間デザイン事業のTRUST(東京都多摩市)は、デスク付きの半個室空間「個人用ワークブース」=写真下=の販売予約を9月15日に始めた、と発表した。オフィスでのオンライン商談や自宅でのリモートワークなどに活用できる。工具なしで約10分で組み立てられるという。ブール内に電源タップも備える。19万8000円(税別)。
↑ニュースリリース

コクヨは、ノートの感覚で使用できるルーズリーフ「キャンパス はがせるノート型ルーズリーフ」を9月23日に発売する、と発表した。ノートのように製本しているため、従来のルーズリーフの課題とされる持ち運ぶ際にバラバラになったり、1枚に記入する場合に不安定な場所だと書きにくかったりする、ということがない。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

衣料の企画製造などアパレル関連事業のサラ(福岡県那珂川市)は、半透明の特殊素材を使った「透明マスク」を発売する、と発表した。水(飛まつ)を通さない一方、空気を通すことで呼吸を可能にするという。水と空気の分子の大きさの違いを利用している。10月20日ごろに予約販売を始める予定で、11月初めに発送を開始する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスとコクヨがフェースシールド発売、クリアホルダーの技術活用

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る