[ニュースサマリー]タニタが手を触れずに操作できる非接触タイマー/カシオが「NAME LAND」「Lateco」用の感染症対策ラベルデザイン/カインズが売り場まで案内するロボット導入/マンナンライフが食後の血糖値・中性脂肪の上昇抑制飲料

体重計など計測器大手のタニタ(東京都板橋区)は、直接手を触れることなく操作できる非接触タイマーを11月4日に発売する、と発表した。「TD-421」と防水機能がある「TD-422」の2種類=写真左から。手が汚れていたり、ぬれていたりしても操作が可能。衛生的で感染予防につながるうえ、作業効率も高まる。家電量販店などで販売する。
↑ニュースリリース

カシオ計算機は、同社のラベルライターで使用可能な感染症対策ラベルデザインの提供を始めた、と発表した。これまで「NAME LAND(ネームランド)」向けに20種類を提供していたが、今回新しいデザイン=写真下左=を20種類を加えるとともに「Lateco(ラテコ)」=写真下右=にも対応した。オフィス内、商業施設、飲食店など幅広いシーンで活用できる。
↑ニュースリリース

ホームセンターチェーンのカインズ(埼玉県本庄市)は、来店客が希望する商品の売り場まで案内するロボットを試験的に導入する、と発表した。ホームセンター業界で初という。埼玉県朝霞市に11月3日開店する「カインズ朝霞店」に入れ、DIY(日曜大工)関連商品売り場やガーデニングコーナーで稼働させ、今後の展開を検討する。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

こんにゃくゼリーなどこんにゃく関連食品製造・販売のマンナンライフ(群馬県富岡市)は、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を抑えるこんにゃく飲料「マンナンGO(機能性表示食品)」を11月2日に発売する、と発表した。食事の際に1本飲むだけで、難消化性デキストリン(食物繊維)の働きによって上昇を抑制できる、としている。
★詳細記事と写真はこちら★
↑ニュースリリース

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. [ニュースセレクト]プラスがステーショナリーセット「チームデミ」発売、人気商品を復活

  2. [ニュースセレクト]1人1枚のパーソナルパーティション発売、ノート型で持ち運びが容易

  3. [ニュースセレクト]サーモスが折り畳めるエコバッグと保冷ショッピングバッグを発売

過去の記事

ページ上部へ戻る